横山製薬のイボコロリの効果や副作用

顔や首イボの市販薬として人気なのが横山製薬の「イボコロリ」

 

首イボや顔イボの市販薬と言えば、横山製薬のイボコロリを思い浮かべる人は多いと思いです。
イボコロリはシリーズとなっており、それぞれが各種のイボに効く薬となっています。

 

どの薬に関しても効果があったと口コミでも評判がよく、手軽に購入ができるので人気が高いです。
薬局やドラッグストアへ行けば必ずと言って良いほど取り扱いがされています。

 

イボと言っても種類はたくさんあり、特にウイルス製イボや老人性イボに悩まされている人は多いです。
塗るタイプ・貼るタイプ・飲むタイプと3種類のイボコロリが、各イボに効くようになっています。

 

横山製薬のイボコロリの効果や副作用などの詳細から、首イボや顔イボにはどれを使えば良いのか解説をしています。

 

横山製薬のイボコロリシリーズの特徴!塗る・貼る・飲むで効果が違う

 

横山製薬より販売しているイボコロリは3種類のタイプが販売されています。
どのイボにも効くのではなく、それぞれが違った効果となっています。

 

  1. イボコロリ内服錠(飲むタイプ)
  2. イボコロリ液体(塗るタイプ)
  3. イボコロリ絆創膏(貼るタイプ)

 

ウイルス性イボなのか老人性イボなのかによって、使われる薬は違います。
効果が全く違うので、間違って使用をすることで、悪化をさせるどころかひどい症状になってしまいます。

 

そのため、イボコロリを使用の際には間違わないようにしましょう。
それぞれがどのイボに効くのかについて解説していきます。

 

首イボに効果のある薬が飲みタイプの「イボコロリ内服錠」

 

首イボや顔イボなど角質が原因となる症状に効くのがイボコロリ内服錠です。
錠剤タイプの飲み薬となっています。

 

この「イボコロリ内服錠」の主成分はイボ取り成分としても知られる、ヨクイニンエキスです。
その他の成分は添加物などとなっています。

 

ようするにヨクイニンエキスを凝縮した飲み薬となっているのですね。

 

ヨクイニンは代謝を高めたり、保水力の高い成分として知られています。
そのため、皮膚を柔らかくするとともに、角質を排出するターンオーバーの働きを高める効果が期待できるのですね。

 

首イボや顔イボの多くは紫外線が原因による角質が固まった老人性イボなので、このイボコロリ内服錠が使われるます。

 

イボコロリ液体と絆創膏は首や顔やまぶたのイボには使えない

 

イボコロリ液体と絆創膏の2つはウイルス性イボ用の市販薬となっています。
主に足の裏や指先にできることが多いイボの薬です。

 

この2つの薬の効果はウイルスに感染している皮膚ごと排出することです。
ようするに塗ったり張ったりした場所の皮膚の細胞ごとウイルスを除去する効き目があるのですね。

 

そのため、塗ったり張ったりした場所の皮膚はだんだんと白くなり、最終的にはポロリと取れてしまいます。

 

イボコロリ液体と絆創膏は効果の強い市販薬でもあるので、使う際にはくれぐれも注意が必要となります。
首や顔のような皮膚の薄い場所には使えないので、薬局の薬剤師などに相談をした方が良いです。

 

イボコロリの中でも効果が高いが副作用も強い薬となります。

 

横山製薬のイボコロリの口コミ!首イボは取れる効果がある?

 

 

 

イボコロリ内服錠の使い方!飲む量が多いので飲みづらい人もいる

 

イボコロリ内服錠は内容量が180錠となっています。
15歳以上の成人の大人で約10日分の容量となっており、1か月分ではないので気お付けてください。

 

使い方は朝・昼・晩の1日3回服用をする薬です。
各時間に6錠を飲みます。

 

そのため、1日の合計が18錠となり、180錠で10日分の容量となっています。

 

5歳以下の小さい子供には使用をすることができないです。
使用の前にはきちんと添付書をあらかじめ確認をしておくようにしましょう。

 

イボコロリ内服錠の副作用!下痢や胃の不快感がある

 

首イボや顔イボに使われる市販薬の多くは副作用があります。
イボコロリ内服錠は他の薬よりもヨクイニンエキスの量も多く、副作用の報告がされています。

 

主に消化器や皮膚の荒れなどの内容が報告されています。
口コミを見ると多いのが下痢などの症状です。

 

薬は化粧品と比べ人体に与える影響が高いので、もしも副作用かもと思ったのであればすぐに服用を止めてください。
そして、添付書を持ち、近くの皮膚科へ診察をしてもらうようにしましょう。

 

効果がないけどやめどきの期間が分からない

 

どんな症状でもすぐに改善するような即効性のある薬ってのは基本的にありません。
それはイボでも同様のことが言えるので、イボコロリを飲んでいて効果がないけど、飲み続けてしまう人もいます。

 

薬は副作用もあるので、必ず添付書を確認するようにしてください。

 

1ヶ月ぐらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師・薬剤師に相談してください。

引用元:横山製薬のイボコロリ内服錠公式サイト

 

これはイボコロリ内服錠に書かれている内容でもあり、公式サイトにも掲載がされています。
効果がないからと飲み続けるのはやめてください。

 

1ヶ月程度飲み始めても症状がよくならないのであれば、別の方法を検討するようにしましょう。
特に首イボや顔イボなどは原因がウイルスではありません。

 

そのため、首イボの原因となっている部分を解消しないと症状が良くならないこともあります。

 

イボコロリのまとめ

 

横山製薬のイボコロリはそれぞれが老人性やウイルス性の薬となっています。
ただ、副作用もあるので間違って使用をするのは危険です。

 

そのため、イボコロリでも液体・内服錠・絆創膏のどれを使えば良いのかまずは確認をしてください。

 

薬局で販売している薬ではあるのですが、副作用の報告もされています。
そのため、使用をするのが心配な人は別の取り方を試してみるのをおすすめします。

 

首イボや顔イボの取り方については下記の記事で全て解説をしており、私が使った方法も紹介をしています。
顔や首やまぶたのイボに効く市販薬やクリーム:イボ取りアニマルズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る