首イボを尿素クリームで取る

尿素クリームで首や顔のイボを取ることはできるのか

 

首イボに尿素配合くりーむや化粧水の効果があるのか紹介していきます。

 

足や手などにできるイボには尿素値の高いクリームをつけることによって殺菌効果があります。しかし、これはあくまでウイルス性イボの場合に限ります。

 

首や胸元にできやすく首イボや胸元イボなんて呼ばれるのはウイルス性ではありません。古い皮膚の細胞である角質が剥がれずに皮膚に残ってしまったのが固まってできたものとなります。

 

原因も違ければ病状も全く違うものとなるのですね。

 

では、首イボにも尿素配合のクリームや化粧水などで効果があるのかというと関係がありません。スキンケアを行うことによって皮膚が本来持っているターンオーバーと呼ばれる古い皮膚を剥がす働きの効果があるので全く効果がない訳ではありません。

 

ただ、尿素に関しては無意味となります。

 

首イボなんて呼ばれるので分かりづらいのですが、正式名称では首イボはアクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維腫と呼ばれる肌トラブルとなり、ウイルス性のイボとは無関係となります。

 

首イボに効果的なのは尿素ではなくヨクイニン

 

首イボのような首イボに効果があるのは尿素ではなくヨクイニンとなります。

 

ヨクイニンはイボ取り名人なんて呼ばれるほど代表的な成分となっており、首イボ用クリームには必ずといって良いほど配合されている成分となります。ハトムギから作られた成分となるのですが、ビタミンBを含む美肌効果のある成分で角質を剥がれやすくする効果があります。

 

病院で診察をしてもらった際に処方されるのに関してもヨクイニン錠と呼ばれる錠剤です。
首イボといえばヨクイニンといって良いほど代表的な成分となります。

 

イボといえば有名な市販薬がイボコロリです。イボコロリには錠剤タイプと液体タイプと2種類あります。液体タイプがウイルス性イボに効果的な市販薬なのに対し、錠剤タイプは首イボに効果的な市販薬です。

 

液体タイプの注意事項にかかれているのが首イボにはつけてはいけないこと。
イボといっても全く別物となるので必用な成分も違ければ治し方も全く違うのですね。

 

首イボにつけるならヨクイニン配合化粧品

 

ヨクイニンが配合された化粧品を使って首イボを治療するのが一般的です。

 

錠剤となっている市販薬もあるのですが、直接患部につける化粧品とは違い、内側からからだ全体の改善を行っていきます。しかし、配合されているヨクイニンをからだが全て吸収される訳でもなければ、からだ全体の改善となってしまうので、患部への効果は時間がかかってしまいます。

 

そのため、直接患部につける化粧品の方が効果を感じる人は多く、ヨクイニンが配合されているクリームを使って治療をする人が非常に多いです。

 

ウイルス性のイボとは違いスキンケアの問題となるので、きちんと肌のスキンケアを行いターンオーバーを促すことでイボを取ることができます。

トップへ戻る