クリアポロンの口コミ

クリアポロンの詳細

クリアポロンの写真

 

首や顔や脇のイボ取りクリームとして知られるのがクリアポロンです。

 

ヨクイニンとあんずエキスの両方を含んでおり、口コミでも効き目があったと評判が高いです。
よく艶つや習慣と比較されることもありますが、クリアポロンは後から販売がされましたが利用者も増え続けており、2017年の4月時点で10万個を突破しました。

 

薬局やドラッグストアで販売されていることはなく、ほとんど通販のみで利用者も増え大ヒットとなりましたが、よく様々なキャンペーンが行われています。

 

イボに使えるピーリング石鹸が付属をしていたり、初回73%のキャンペーンなど、口コミで効き目に評判が良いだけでなく、値段の部分でも良心的となっているのですね。

 

ここでは私が使ったクリアポロンの口コミや効果についての解説と艶つや習慣との比較なども紹介しています。

 

クリアポロンの口コミ

クリアポロンの写真

 

クリアポロンは2017年の4月で10万個を突破しているだけあって、大ヒットとなっているので口コミを多く見かけることができます。
しかし、中には正直疑問があるような口コミもあったりします。

 

なかには使って1週間でイボが取れたなんて口コミを見かけることもあったりします。

 

しかし、首イボや顔イボや脇イボなどの老人性イボはウイルスが原因ではなく、角質の効果が関係をしています。
そのため、角質をはがす働きであるターンオーバーを促進させて、肌の力を回復させてイボを排出させるのが大事となります。

 

ターンオーバーは早い人で1か月程度かかるといわれており、おそければ3か月の周期で角質をはがしたりするといわれています。
そのため、すぐに効き目があらわれるなんてことはないのですね。考えられるのはイボはあったけど原因の解消ができている人です。

 

確かに満足度が93.1%あるだけあって効き目を実感をしている人が多いのもわかります。
しかし、すぐに効き目があると勘違いをして使用をするとがっかりすることにもなるので、最低でも3か月は使ってみるつもりがおすすめです。

 

実際に使った私の口コミと感想

クリアポロンを使ってる写真

 

早速手元にクリアポロンが届いたので実際に使ってみた口コミを紹介していきます。
クリアポロンはクリームタイプの化粧品なので化粧水などではないです。

 

そもそもヨクイニンが含まれたイボ取りクリームなんて呼ばれたりしている化粧品のほとんどはクリームタイプとなっています。

 

香りに関してはほぼ無臭となっているので、誰でも安心して使用をすることができるはずです。
良い香りがあった方が良いって人もいるかと思いますが、個人的には香りより目的はイボなので中身かなと思います。

 

実際に使用をしてみたのですが、思っていたよりも軽めのクリームで重たい感じはまったくしません。
伸ばしてみるとすぐに肌になじんでくれるのを実感することができました。

 

イボに効く成分として有名なヨクイニンやあんずエキスだけではなく、プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンc誘導体が含まれているおかげか、保湿ができているってのはすぐに実感をすることができました。
肌に弾力が少し戻ったように感じます。

 

ただ、当然のことながら1週間でイボが取れたりすることはなかったです。
私は肌は少し弱く敏感肌だと思うのですが、荒れたりするようなことなく、安心して使用することができました。

 

「フルーツの雫」ピール石鹸も付属

付属品の「フルーツの雫ピール石鹸」の写真

 

クリアポロンが自宅に届いた際の同封物として「フルーツの雫」ピール石鹸が同封されていました。

 

自宅に届いてから気づいたのですが、公式通販サイトの販売ページにも記載がされているのですね。
ちょっと気になって調べてみたのですが、amazonの通販では同じものが700円で販売がされています。

 

フルーツの雫はピーリング石鹸となっています。

 

角質が原因となって生じる首や脇のイボにはピーリングは有効的な方法です。
ただ、このサイトではあまり紹介はしていないのですが、ピーリングのデメリットとして刺激を肌に与えてしまうので、悪影響となってしまうこともあります。

 

そのため、個人的にはフルーツの雫は最後の手段として使用をするのがおすすめとなります。

 

私の口コミでも紹介をしましたがイボを取りたいのであれば、クリームだけで効果を実感できるとは限りません。
なぜならすでにイボが発生をするほど肌が衰えてしまっていたりするので、すぐに肌の改善ができるなんてことはありません。

 

そのため、3か月程度クリアポロンを使ってみたにも関わらず、効き目を実感することができない。
そういった状況の人で最終的にフルーツの雫を使ってピーリングをするのがおすすめです。

 

本来であればピーリング石鹸を購入しなければならないところですが、クリアポロンであれば肌への負担とはなることもありますが、ピーリングの道も残されているのはありがたい点だと思います。

 

口コミのまとめ

 

クリアポロンはイボ取りクリームの中でも非常に人気がありますが、実際おすすめすることができます。

 

化粧品を単体で見ても効き目を実感できている口コミも非常に多いですし、利用者が多いのも納得することができます。
また、ピーリング石鹸が奇数月に付属されているのも非常にありがたいです。

 

どうしても肌の改善をしようと思うと時間がかかったりします。
しかし、肌の老化がすすんでいると改善効果を実感できるまで果てしなく長くなってしまうこともあります。

 

そんな時にピーリングをするって道も残されているのは非常にありがたいことだと思います。
もちろん、クリアポロンだけで満足できるにこしたことはありませんが、肌のケアがきちんとできてなく1年とイボができたまま待つのもつらいですからね。

 

首イボや顔イボや脇イボなどに使うイボ取りクリームとしてならクリアポロンはおすすめすることができます。

 

クリアポロンの効果は顔や首やまぶたの老人性イボ

クリアポロンの使い方

 

クリアポロンを用いられる人の共通点は首や顔や脇にイボがある人です。

 

老人性イボと呼ばれる角質が原因となるのですが、足の裏にできることの多いウイルス性イボとは全く原因が違います。
ウイルスを除去するのではなく、肌を改善して角質がきちんと排出できるようにしなければなりません。

 

そのため、クリアポロンにはイボ取り成分とも呼ばれるヨクイニンに加え、有効があるとされるあんずオイルを含んだ化粧品となっています。

 

老人性イボの原因は日々のスキンケア不足や紫外線ダメージや肌の老化によってターンオーバーが乱れ、角質が付着したままになってしまうことです。
そのため、ヨクイニンとあんずエキスに加えて、高級化粧品にも含まれることの多い、プラセンタやビタミンC誘導体やコラーゲンなどの成分が含まれています。

 

角質を輩出するターンオーバーを促進させるためのイボ取りクリームなのですね。

 

角質を輩出するピーリングは有効的!しかしデメリットもあるのでクリームでの改善

 

スキンケアのひとつとしてピーリングと呼ばれるケアがあります。
ピーリング剤を使って肌をこすることによって、角質をはがす働きのある美容法となっています。

 

しかし、角質を輩出するためにピーリング剤は粒子が大きくなっています。
そのため、からだを擦り付けてこすることで角質を排出できるのですが、肌への刺激となってしまうのですね。

 

また、角質は肌を外からの刺激から守るなどの働きもあるので、完全に除去をしてしまうのも肌にはよくありません。
結果的に肌の老化をすすめるなどターンオーバーの乱れにつながることもあるのですね。

 

クリアポロンに付属しているピーリング石鹸を泡立てて、肌にこすれば効き目を実感できる可能性はあがると思います。
しかし、デメリットもあるのでクリアポロンの付属のフルーツの雫はどうしても効き目を実感できないと感じたら使用をするのがおすすめです。

 

艶つや習慣とクリアポロンのどちらがおすすめ

 

クリアポロンと比較されることが多いのが艶つや習慣です。
艶つや習慣もヨクイニンとあんずエキスの両方が含まれており、クリアポロンよりも先に販売されたのもあって、50万個以上売れるなど大ヒットしています。

 

私は試しにどちらも使用をしたこともあるのですが、人によってどちらがおすすめかは異なるというのが個人的な感想です。

 

艶つや習慣の一番の特徴としては大容量である点があげられます。
そのため、ふんだんなく使用をすることができるので、首や顔など2か所にイボが発生をしていても問題ないはずです。

 

また、イボは数が1個や10個であればまだ良いですが、顔や首に100個など大量にできてしまうこともあります。
そのため、2か所以上にイボがあったり、大量にイボがあるって人であれば艶つや習慣が個人的におすすめすることができます。

トップへ戻る